古材や古民家の鑑定・保存・再生・活用等の活動を行っています。

当法人について

2_m.jpg
『一般社団法人古民家再生協会広島』は、古民家鑑定士の資格を持つ専門家が所属する団体で、古材や古民家の鑑定・保存・再生・活用等を目的として活動しています。 広島県の文化的な伝統様式を次世代へ継承していくことを使命とし、古民家や古材の鑑定や再生の相談はもちろん、街並み保存などの地域活性化事業などにも積極的に取り組んでいます。 >>協会概要

メディア掲載履歴

 

代表理事ブログ

古民家インスペクション 庄原 180年古民家調査

庄原市に残る築180年の古民家を鑑定してきました。 代々受け継がれる歴史ある建物ですが、経年による劣化・傾きなどが心配で調査をご依頼いただきました。 古民家鑑定・床下調査・伝統耐震診断の「古民家インスペクション」を実地。 …

古民家住まいる 福富町 古民家販売

古民家鑑定を以前行っている東広島市福富町の古民家に、アピールの為看板を設置してきました。 ご興味あればお問い合わせください。 古民家住まいる にも情報掲載しております。

2018 第15回可部のまちめぐり 開催

心配されていた天気も当日はよく晴れ、絶好のお祭り日和となりました。 今回の目玉歩行者天国区間で行われました「KOTA繋road」盛り上がりました。     明神公園では「舟入堀市」と題した飲食ブースが …

2018 第15回可部のまちめぐり 前日準備

可部のまちめぐりもいよいよ明日開催。 前日までに多くの協力者によってテント張りや、幟設置、ステージ設営などが行われました。 この度は例年以上に若手が中心となった「可部のまちめぐり」となったように思われます。 準備に戸惑う …

安芸太田町 古民家 解体

安芸太田町で解体の相談を受けました。 築150年程度の駄屋(昔、牛馬を飼っていた建物) 活用も考えられましたが、コンディション不良の為やむなく解体を決断。   思いのたくさん詰まった建物なので、使える梁や構造材 …

最新活動報告

2018/11/09 広島例会

更新日 2018年11月 9日

例会を開催いたしました。

詳細は下記より議事録をご覧ください。

[ 議事録を読む ]  [ 例会の開催日程 ]

伝統的構法による木造建築物状況調査技術者講習
PAGETOP